毎年検診受けていたが浸潤子宮頸がんに罹患した。
どういうこと?そんな一気に進行するものなの?

では半年に一回検診を受けていたら予防できるのか?適切な検診の間隔はどのくらいか?
アマミノクロウサギ(Amamino_Kurousagi) 2024.06.03
読者限定

国の保健当局・厚生労働省が 勧める子宮頸がん検診は2年に1回だ。

・2年1回では足りない。毎年でも受けよう。

・毎年検診受けていたが浸潤子宮頸がんに罹患した。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2663文字あります。
  • 完璧な検査・全ての前がん病変を見つけて浸潤子宮頸がんを未然に予防できる検査は存在しない
  • 何年に一度検診を受けるのが最適?
  • 20代の検診はどうなりますの?
  • なぜ、検診で見つからない子宮頸がんがあるの?
  • どうやって予防しようか

すでに登録された方はこちら

読者限定
口腔へのHPV感染と中咽頭がん
読者限定
見てわかるHPV①HPVワクチンは若い人ほど恩恵が大きい
読者限定
性交渉以外でHPVは感染するの?
サポートメンバー限定
HPVの存在証明⑨Shope Rabbit Papillomaの登場
読者限定
HPVに関するちょっとした疑問に答えるシリーズ②🐰
読者限定
自費でHPV検査は受けた方がいいの?
読者限定
HPVワクチンの安全性評価⑤ワクチンの安全性に関する世界諮問委員会によ...
読者限定
HPVワクチンに効果があるってなぜ言えた ?③(新しいHPV感染予防ワ...